中学校技術講習会 2001.11.11 市原臨海球場
◆主催:千葉県高校野球連盟
◆指導:地元高校野球部選抜
−天気:快晴、無風、最高温度15℃ 日陰やや寒い−


朝8時30分開講式 緊張気味の中学生

指導する現役高校球児-高野連からの選抜選手です-
志学館からは生田主将、金子(隼)くん、永島くん、番場くん、川俣くん、金子(圭)くんが参加

みっちりとウォーミングアップ(実技指導前のランニング)

現役高校生も混じってのキャッチボール

模範守備の野手達を鍛える
模範ノッカー川俣監督さん
左は金子(隼)くん
スタンドからは中学生の熱い視線が・・


さすがは鍛え抜かれた高校生・・
でも軟式ボールは投げにくそうでした
東海大望洋と志学館の三遊間コンビ
講習会ならではの光景です

外野だって負けてはいません・・見事なバックホームを見せる番場くん(2年 昭和中)

模範バッティング
拓大紅陵・飯塚くん(2年 富津中)

模範バッティング
木更津中央・若槻くん(2年 畑沢中)

模範バッティング
志学館・金子圭輔くん(1年 小糸中)

模範バッティング
東海大望洋・長田くん(2年 茂原南中)

柔軟体操1 前屈
お〜い体が固いぞーっ

柔軟体操2 肩胛骨ストレッチ
くっ、苦しそう

捕手の指導をする小枝監督さん
捕手は飯塚くん

内野手を指導する川俣監督さん
ここでも熱意と優しさが満ち溢れていました

<小枝監督さんの言葉>
捕手は野手のみんなに手柄を与えるポジション 痛みに強くなければならない
いつもどっしり構えていること ファイトの持ち主であり、チームのムードメーカであること
審判をごまかしたり、ホームイン走者を邪魔するようなファウル(不正行為)はしてはいけない
   
常にフェアプレーを!  捕手に語った言葉ですが全球児へ言っているようでした


いいぞ明日の高校球児

早くお兄ちゃんみたいになりたい

お兄ちゃん達、やっぱりかっこいい

ゲーム形式のベースランニング
ユニフォームの「入魂」がまぶしい

まだ体は小さくても
闘志は誰にも負けない

サードを回って一気にホームだ〜っ

タッチアップ、ホームへ突っ込め

ふと外に目をやると周辺の木々は紅葉に染まり晩秋の雰囲気が・・・
そう言えばもうじきシーズンオフなんですね
学校に戻れば厳しい冬季練習が待っています
今日の講習会で足りないことを沢山学びました
技術もそうですが、それ以上に野球に取組む姿勢を学びました
「正しい野球」とでもいおうか、そういう「野球の心」を学んだ気がします
それは教える側の高校球児たちにもいえるのではないでしょうか
勿論、応援する私にもです

ページトップへ