負けじ魂
すさまじい一塁へのスライディングでした
彼が代打で打席に立った瞬間、私はこの光景を予感していました
凡打とかそんな失礼なことではありません
彼は二塁打でも三塁打でも頭から滑り込んだでしょう
負けたくない一心がそうさせたのです
そして負けじ魂はいつも人の心を打つのです
私も例外なく心を揺さぶられました 強烈な痛みとともに
次は笑顔の君を撮らせてもらおう
2004.06.05 袖ヶ浦球場(2004.06.07 掲載)