親と子の卒部式
この夏を最後に野球部を去りゆく高校球児たち
最後のお別れ会、2年半の想い出が走馬燈のように流れていく
「朝早くから弁当を作ってくれてありがとう」と息子が言えば
「よくここまで頑張ってきたね」と母が言う
たったそれだけの言葉ですが、それぞれの思いが伝わって来て心を打つ
そして、みんなが同じ気持ちで美しい涙を流す
それは野球を続けてきたものへのご褒美のようです
2002.8.25 志学館にて撮影