第88回(2006年)全国高校野球千葉大会 決勝

拓大紅陵vs千葉経大附 2006/07/28 於.千葉マリンスタジアム 天気:曇り時々晴れ、気温:28℃

TEAM 10
千葉経大附 0 1 0 0 0 0 0 2 0 2
拓大紅陵 0 0 0 0 0 0 0 2 1 0

竹島、内藤-川島
拓)永棟、石原-松丸(主将

経大附 打順
名前 松本 大塚 渡辺 滝原 内藤 川島 宮川 竹島
守備
拓大紅陵 打順
名前 小坂部 田中 佐々山 倉田 大前 宮垣 松丸主将 島袋 永棟
守備

拓大紅陵のエース・永棟くん(3年 真砂二中)

千葉経大附、先取点(2回表)
1死二塁から内藤くん(1年 川戸中)、センターへタイムリーを放つ

渡辺くん(3年 成東中)が帰り1点目

喜ぶ千葉経大附の応援団

千葉経大附、追加点のチャンス(3回表)
2死から丸くん(2年 勝浦中)の打球はセンターの頭上を越す

二塁を蹴って一気に三塁へ(三塁打
しかし、続く渡辺くんがショートゴロに倒れ追加点ならず

千葉経大附のエース・竹島くん(3年 深川五中)

拓大紅陵、同点のチャンス(4回裏)
1死から宮垣くん(3年 五井中)、ショートへ内野安打を放つ

松丸くんのライト前ヒットで二塁を回り一気に

三塁へ(1死二、三塁

喜ぶ拓大紅陵の応援団

しかし、島袋くん(3年 羽村一中)、スクイズを外される

飛び出した宮垣くん、タッチアウト
(ここは千葉経大附バッテリーの読み勝ちでした)

千葉経大附、追加点(8回表)
1死一塁から渡辺くん(3年 成東中)、センターへヒットを放つ

1死一、二塁から滝原くん(3年 長狭中)、ライト線へ2点タイムリー二塁打を放つ(2、3点目

三塁を回る3点目走者の渡辺くん

喜ぶ千葉経大附の応援団

拓大紅陵、反撃(8回裏)
1死一塁から倉田くん(3年 海上中)の打球は三塁ゴロ かろうじてゲッツーを免れる

2死一塁から大前くん(2年 加住中)の放った打球は

ライトのポールを直撃する2点ホームランとなる(1、2点目・・1点差

がぜん元気が出てきた拓大紅陵の応援団

拓大紅陵、土壇場で追いつく(9回裏)
1死から小坂部くん(3年 葛西三中)、センター前ヒット

続く田中くん(2年 旭二中)のレフトへのヒットで

小坂部くん、一塁から一気に三塁へ

続く佐々山くんが敬遠で1死満塁となる

倉田くん(3年 海上中)のセカンドゴロの間に、三塁から小坂部くんが帰り同点へ(3点目

喜ぶ拓大紅陵のベンチ

そして、とうとう延長戦へ

千葉経大附、勝越し点(10回表)
2死二、三塁から代打・馬場くん(3年 深川四中)の打球は三塁ゴロとなる
三塁手の島袋くん(3年 羽村一中)、そのゴロを軽快に裁き、チェンジと思ったその瞬間
一塁への送球がとんでもない高さとなった

4点目走者に続き、二塁から滝原くんも帰り5点目が入る

しばらく、ぼう然とする島袋くん

9回途中からマウンドにあがった内藤くん(1年 川戸中)

その裏(10回裏)、拓大紅陵は代打攻勢に出る
しかし、泉くん(3年 桜丘中)、二塁フライに倒れ1死

2死のあと、代打・吉川くん(2年 光中)の打球はショートゴロ

一塁へ渡ってゲームセット

この瞬間、千葉経大附の優勝が決まる



優勝・千葉経大附

準優勝・拓大紅陵

もう少しのところで甲子園行きの切符を逃した拓大紅陵

これで3年生たちの高校野球は終わりました

その脳裏に浮かぶものは何だったのだろう
それぞれの夏の終わりです
願わくば、野球生活で得たものが人生の支えとなってもらいたい


そして、一夜明けた翌日、3年生が学校に集まりました 2006/07/29(土) 拓大紅陵にて

この日は小枝監督の誕生日だったとか 部員たちが小遣いを出し合って、花束のプレゼントをしたのです

さようなら、3年生たち

ページトップへ