第87回(2005年)全国高校野球千葉大会 決勝

拓大紅陵vs銚子商 2005/07/27 於.千葉マリンスタジアム 天気:晴れ風強い(台風一過)、気温:36℃(猛暑)

TEAM 10 11 12
銚子商 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 2
拓大紅陵 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0

銚)遠藤-長澤
拓)露崎、大前-松丸

銚子商 打順
名前 佐藤恭
主将
渡辺吟 田崎 福田 長澤 阿尾 平津 多田 遠藤
守備
拓大紅陵 打順
名前 小坂部 松丸 大前 佐藤主将 石原淳 中田 礒邉 露崎 田中
守備

台風一過(7号)のため風はかなり強かった

それ以上に悩ましたのはこの暑さでした 人工芝のグラウンドは40℃を越えていたことでしょう
(人間の体温を遥に越える異常な暑さです)


いよいよ試合開始(泣いても笑ってもこれが千葉大会最後の試合です)

拓大紅陵 先取点(1回裏)
佐藤くん(キャプテン 3年 南大沢中)のライト前ヒットで二死1、3塁となり、ピッチャーの悪送球で1点が入る

拓大紅陵 追加点(2回裏)
礒邉くん(3年 下貝塚中)のショートの内野安打で無死1塁

田中くん(1年 旭二中)がレフトへタイムリー

礒邉くん生還(背番号4は小坂部くん

喜ぶ拓大紅陵の応援団

拓大紅陵のエース・露崎くん負傷
送りバントのときに送球を右手甲に当てる

腫れ上がった露崎くんの右手

拓大紅陵 更に追加点(3回裏)
石原 淳基くん(3年 野栄中)がセンター前へヒット

続く中田くん(3年 用賀中)もライト前へヒット

礒邉くん(3年 下貝塚中)のレフト前タイムリーで拓大紅陵、3点目が入る

拓大紅陵の応援スタンドは最高潮に

ぎっしりつまった内野席

銚子商 反撃(4回表)
福田くん(3年 銚子六中)がレフトへヒットを放ち一死1、3塁

力投する拓大紅陵のエース・露崎くん(3年 早野中)

次の打者・長澤くんに四球を与え一死満塁へ(マウンドに集まる拓大紅陵ナイン)

銚子商同点へ

阿尾くん(2年 銚子一中)がレフトの頭上を走者一掃の二塁打を放ち一気に3点が入る

喜ぶ銚子商の応援団

ここで更に気持ちを引き締める銚子商のエース・遠藤くん(3年 旭二中)


グラウンド整備の補助役員さん(検見川高校)

そして、元気にポジションにつく審判さん(高橋さん

後半6回から11回までの6イニング 息を呑む緊張した攻防が続く

銚子商・佐藤 恭亮くん(キャプテン 3年 銚子四中)のライト線の大飛球

ライトの礒邉くんが好捕し沸く拓大紅陵スタンド

こんなハプニングも
センターを守っていた中田くんが足をつり永棟くんにおぶさってベンチへ(優しくそばで見守る露崎くん

現役部員が合流し活き上がる拓大紅陵のブラスバンド

回は延長に

グラウンドには灼熱の太陽が容赦なく照りつける

10回を終わっても均衡は破れない

11回裏、拓大紅陵の攻撃も僅かに及ばず
二死2塁から大前くん(1年 加住中)のセンターへの大飛球もアウトに

そして、迎えた12回表 銚子商の攻撃
先頭打者・遠藤くんが空振りの三振(写真)あと四死球で二死1、2塁となり

銚子商、待望の勝ち越し点

四番・福田くん(3年 銚子六中)がライトへタイムリー三塁打を放つ

一塁走者も生還し5点目

銚子商スタンドは興奮のるつぼへ

その裏(12回裏)、拓大紅陵のラストバッターがレフトフライに倒れ

ゲームセット 3時間28分の壮絶な戦いに幕が下ろされた

一人で12イニング(189球)を投げぬいた遠藤くん

千葉マリンスタジアムに銚子商の校歌が高らかに流れる

そして両校が泣く


胴上げされる銚子商・真弓部長さん


優勝旗授与(銚子商

優勝旗授与(拓大紅陵

優勝・銚子商

凖優勝・拓大紅陵

銚子商、甲子園出場おめでとう

拓大紅陵、お疲れさま

ページトップへ