第85回(2003年)全国高校野球千葉大会 1回戦

君津青葉 vs 東海大望洋 03/07/13 於.袖ヶ浦球場 天気:曇り時々小雨、涼しい

※ページ容量の都合により写真は随時入れ替えています。

TEAM
君津青葉 1 0 0 0 1  0       2
東海大望洋 0 3 0 0 3 6X        12

青)榎本-元良(卓)
望)飯高-板倉

青葉 打順
名前 佐久間 元良卓 小笹主将 安澤 元良隼 榎本 千葉 伊藤 高木
守備
望洋 打順
名前 中野 飯田 河北 宮崎 大澤 板倉 半田 中山 飯高
守備

地元少年野球選手による始球式
昭和少年野球クラブ・笠原くん(小6)

東海大望洋の見事な大応援団

東海大望洋エース・飯高くん(2年 本納中)

2回表、東海大望洋あっさり逆転
半田くん(3年 長柄中)のスクイズバント決まる・・2点目
(更に連続スクイズを決め3点目をもぎ取る)

5回表、君津青葉反撃開始
高木くん(2年 小櫃中)タイムリー二塁打・・2点目

2点目走者・千葉くん(2年 周西南中)生還
(このあと、同点の走者がホームアウトとなったのが君津青葉にとっては痛かった)
 
このあと、東海大望洋の猛打が爆発する(6回裏)

7点目
中野くん(3年 三山中)、ランニングHR

9,10,11点目
板倉くん(3年 富士見中)、満塁走者一掃の二塁打


君津青葉・主将 小笹くん(周西中)
選手の前では一人だけ泣くのをこらえていたが
監督が声を掛けると思わず涙があふれ出た
キャプテンとはそういうものなのです

敗戦の将、多くを語らず
「この悔しさを噛みしめ、これからは”息切れ”はしないように」 (小澤監督)
卒部して行く3年生への「はなむけ」の言葉にも聞こえました

ページトップへ