2006年春季千葉県大会 地区予選 2回戦
千葉工vs検見川 2006/04/09 於.千葉工高グラウンド 天気:晴れ(風強い) 気温:14℃

TEAM
検見川 0 1 0 0 0 0

1

千葉工 1 0 3 0 0 0

X

)鈴木、西本-浅田
)阿部-市川

検見川 打順
名前 多田 伊藤主将 梅木 浅田 坂本 斉藤 木村 鈴木
守備
千葉工 打順
名前 斉藤 北山主将 梶原 冨秋 寺沢 坂井 阿部 市川 高山
守備

気持ちよく整備された千葉工業高校グラウンド

フェンスは仮設です(このグラウンドは普段はラグビー部やサッカー部と一緒に使っているとのこと)

朝早くから大会の準備、ご苦労さまです


試合開始

千葉工のエース・阿部くん(3年、菊間中)

検見川、いきなりチャンス(1回表)

先頭打者・東(あずま)くんが右中間へ二塁打を放つ

内野ゴロの間に三塁からホームを突くがタッチアウト

検見川のエース・鈴木くん

千葉工、先取点(1回裏) 梶原くん、ライトオーバーの三塁打

一塁から二塁へ

冨秋くんのセンター前タイムリーで1点目

検見川、同点へ(2回表) 鈴木くん、レフトへタイムリーを放つ

千葉工、突き放しへ(3回裏) 寺沢くんのレフト前に落ちるラッキーなタイムリーで2点目

二死満塁から阿部くんのライト前タイムリーで更に2点を追加(3点目、4点目)

検見川、しぶとく追い上げる(4回表) 鈴木くんの右中間へのタイムリー三塁打で2点差へ

ときたま吹く突風で試合が中断される

4回からマウンドにあがった西本くん

検見川、1点差へ(8回表) 長谷川くん、右中間へタイムリー三塁打を放ち1点差へ

ピンチにマウンドに詰め寄る千葉工の内野陣

一打同点の場面で東くん・・・力が入ったのかライトフライに倒れる

1点差で迎えた最終回、守りの指示を出す千葉工ベンチ

最後のバッターが倒れゲームセット
再三チャンスはあったが、あと1点が取れなかったのが惜しまれます

検見川高校、お疲れさん

ページトップへ